円高状態

円高状態

近年、円高状態が長く続いています。円高は、国内の経済にどのような影響があるものなのでしょうか。円高になると原油価格が安くならなくてもドルの価格が下落すれば結果として仕入れ値が安くなります。ガソリンや灯油など、原油を材料につくられているものの値段も下がっていきます。原油のような燃料価格が下がると、結果的に電気やガスの金額も下がります。円高状態ならば、海外でもお得な価格での買い物をすることができます。1ドル=200円なら10万円で500ドル相当の買い物しかできませんが、1ドル=100円なら1000ドルぶんの買い物ができます。また、円高では、輸入品の仕入値が下がります。仕入値が安価になることによって、小売金額を引き下げることが可能になります。円高の影響で輸入品の仕入れが安くなれば円高セールも頻繁に行われるようになり、購買者の特にもなります。為替レートが円高になることによるデメリットもあります。円高は国内の輸出企業を苦しめます。これまでと同じ金額で商品を作っても、海外で販売する時は価格が上がり、国内産業の競争力が低下します。国内の輸出産業は苦しい状況に立たされ、株価も悪化します。これまで日本の株を持っていた海外の投資家も、株が落ちそうだとなければ利益を確定し、株を手放す動きにシフトします。結果的に、海外の投資家が日本円から資金を指導させることで、円高がストップするわけです。一口に為替の円高といっても、よい面と悪い面との両方を合わせもっていることを知っておきましょう。