セクロセキレイ

セクロセキレイ

セキレイ

セキレイ。会社の周りの畑など、四季を通じて観る事が出来る。スズメ科の小鳥です。胴体はスズメと同じ位でしょうが、尾が長い。スズメより一回り大きく見える。特徴的なのは尾を上下にピンピンと始終振っている。細身で流線型。猛禽類の次に私の好きな鳥。推測ですが彼らは実数4〜6羽のチームで会社の周りの畑を行ったり来たりしていると思う。彼ら特有の俊敏さで、あっちにもいた。こっちにもいた。分身の術で20羽を演じる。彼らはたぶんセグロセキレイ。私の知っているのは他にキセキレイ・セキレイ・ハクセキレイ・イワミセキレイ。セクロセキレイは水辺に住むとされるがこの辺全部本流、小川から農業用水まで整っている。彼らの寝床は知っています。新幹線の通る駅前の有名デパートの看板と取り付けられた金具の上。そしてその前の歩道にあるハナミズキの5本程。夕暮れが近付くとあちらこちらから1羽と言わず数十羽のグループが帰って来て、もぬけの殻だった彼らの寝床が一杯になる。夕暮れ時のその光景が私は好きだった。朝はたぶん早朝出勤。歩道を歩くサラリーマンたちに糞を落とさない様に。その寝床から半径3q県内は川の本流もある。森もある。畑もある。最近、会社の周りのセクロセキレイに混ざって、セキレイとキセキレイを見ました。

ミュゼ 川崎 予約