珈琲

珈琲の美味しい入れ方

コーヒー

珈琲好きな方へ。珈琲の美味しい入れ方について考えてみましょう。まず、味と香りを決めるのはドリップの方法にあります。使う器具によってさまざまな方式のある珈琲のドリップですが、ドリップのプロセスで香り立つ、そんな雰囲気までも楽しみましょう。そうすれば、自他ともに認められる立派な「コーヒー通」です。ドリップの方法は、ペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォン、エスプレッソマシーン、パーコレーター、ウォータードリップなど様々です。先ずは、ドリップの代表格であるペーパードリップについて考えてみましょう。ペーパードリップの特徴は、珈琲が澄んだ琥珀色。口当たりはまろやかでやわらかな味わいで、珈琲豆の特徴がストレートに出ます。取り扱いが簡単で衛生的、初心者でも、そこそこの味が出しやすい。そんな特徴があります。ペーパードリップの美味しい入れ方について紹介します。まずサーバーにドリッパーをのせ、側面と底のシール部分を折り曲げた紙フィルターを、ドリッパーにしっかりと密着させ湯を注ぎます。必要な分量の珈琲を入れ、ドリッパーを軽く振り表面を平らにします。湯の注ぎ入れは、中央部から円を描くように外側へと、少しずつ静かに湯を注ぎます。珈琲が水分を吸収してふくらんで細かい泡がたってきたら、湯を注ぐのをやめ、少し蒸らします。フィルターの湯がなくな直前に再び注ぎ入れます。それを繰り返し、細かい泡がまだ残っている状態でフィニッシュ。美味しい珈琲の出来上がりです。

ミュゼ 鹿児島